「日記」

2007年03月28日

「本を読む子」は必ず伸びる! ― わが子が本好きになるお薦め本リスト付き (樋口裕一)

「本を読む子」は必ず伸びる! ― わが子が本好きになるお薦め本リスト付き (樋口裕一)

「本当の学力」は国語力が基礎になる!
お母さん、お父さん!小学生のうちは
大いに本を読ませてください。いざ中学、
高校で本気で勉強を始めたとき、確実に
グングン伸びるからです!
“小論文の神様”樋口裕一、満を持しての教育論。

【目次】

第1章 「本を読む子」はここまで大きく伸びる!
    子供が伸びるかどうかは「国語力」が決め手だった!
    計算や暗記が得意なのに成績が上がらない理由 ほか
第2章 ホンモノの学力は「勉強」だけでは育たない
    学校の授業だけでは国語力がつかないワケ
    「答え」を探さない、自由な読み方が大切
    「朝の10分間読書」は本当に有効?
    学校でも塾でもなく、家で子供の学力は伸びる
    書く力も鍛えると、読む力はもっとつく!
第3章 「読書の楽しさ」に目覚めさせる誘導作戦
    本を読むワクワク・ドキドキ感を植えつけよう
    本屋や図書館へ上手に誘導する方法 ほか
第4章 親の少しの手助けで、子供は必ず本好きになる!
    「本を読むのが当たり前」な環境をつくる
    初めのうちは「読み聞かせ」も大切 ほか
第5章 もう、本の世界にやみつき!樋口セレクトお薦め本
    ファンタジーで、知らない世界にワープ!―子供を本の世界にハマらせる、いちばんの近道
    旅へ、大冒険へ、いざ出発―主人公の活躍の追体験で本に夢中に ほか

posted by たまん at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

目指せ!初当選!「地方議員」への道―あなたも地方から政治を変えよう! 小林 タカヒロ (著)

目指せ!初当選!「地方議員」への道―あなたも地方から政治を変えよう! 小林 タカヒロ (著)

議員になって地方から政治を変えていこう!
長年政治に関わってきた著者が、受かる選挙の進め方から、
選挙に出るための条件、地方議員の仕事内容、収入まで、
自身の体験を交えながらマンガとともに解説する。

【目次】(「BOOK」データベースより)

1 代議士の「秘書」というお仕事
  議員秘書になる
  秘書第1日目 ほか
2 「公設大臣秘書」になる
  選挙後の挨拶回りが大切
  派閥のゴルフ大会 ほか
3 選挙に立候補する
  秘書を辞める
  ゼロからのスタート ほか
4 「区議会議員」となる
  「違法集団」と戦う
  1万人の署名を集める ほか
5 政治家を目指す
  「落ちこぼれ」生徒だった
  ジャニーズ事務所に所属する ほか




posted by たまん at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

成功の絆―不思議な愛の物語 マーク・フィッシャー(著) 上牧弥生(訳)

成功の絆―不思議な愛の物語 マーク・フィッシャー(著) 上牧弥生(訳)

ベストセラー『成功の掟』の著者マーク・フィッシャーが
贈る第2弾。人を愛するということは自分を愛すること。
真の愛を勝ちとりたい人に贈る心からのメッセージ。

【目次】
第1章 愛を求めて
第2章 愛すること、愛されること
第3章 報われぬ理由
第4章 愛の行方
第5章 惜しみなく与える
第6章 魂の呼び声


posted by たまん at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

現役・三井不動産グループ社員が書いた! ダメマンションを買ってはいけない 藤沢 侑 (著)

もう家を建てちゃったから、
マンションを買うことはないと思うけど、
友人たちが検討してたりするから、相談されたら
この本を紹介したいなぁ。

現役・三井不動産グループ社員が書いた! ダメマンションを買ってはいけない 藤沢 侑 (著)

【目次】
第1章 3月竣工物件を買って失敗する人たち
第2章 3月入居開始物件に「ダメマン」が多い理由
第3章 実録「ダメマン」を買うとこんなことになる
第4章 「ダメマン」を買ってしまったらこうしろ
第5章 私の考える「いいマン」
第6章 お買い得な「いいマン」を手に入れる方法
第7章 抽選に勝つ方法
第8章 購入計画が発生したら即実行の行動プログラム・6つのステップ
巻末特別付録永久保存版 いいマン・ダメマンチェックリスト


posted by たまん at 23:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャンスがやってくる15の習慣 レス・ギブリン (著) 渋井真帆(訳)

チャンスがやってくる15の習慣 レス・ギブリン (著) 渋井真帆(訳)

今すぐ実行できて、人間関係の達人になるコツがコンパクトに
まとめられた本。ちょっとした習慣で、チャンスが向こうから
やってくるようになります。この習慣を実行することで、人から
好かれ、応援されるようになります。アメリカで読み継がれる
幻のコミュニケーション教本です。わずか1時間で読めて
しまいます。

【目次】
人間の法則
人間は自分にしか興味がない、と知っておく
相手のことだけ話題にする
認められている、と相手に感じさせる
とにかく、同意する
聞き役に徹する
相手の求めているものを見つける
あなたの意見は「ある人の意見」として語る
「ノー」とは言わせない状況にする
会った瞬間に笑顔を向ける
1日に3人、ほめ言葉をかける
相手のミスに、怒りで反応しない
「ありがとう」と、声に出す
自分には価値がある、と信じる
5つのルールを守って話す
この習慣を実践する



posted by たまん at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

波動の法則―宇宙からのメッセージ 足立 育朗 (著)

波動の法則―宇宙からのメッセージ 足立 育朗 (著)

新しいステージが人類を待っている!
真の自然の仕組に気づくための永遠の入門書、待望の復刊。
研究成果報告の一端として、口絵(グラビア)追加4枚。


【目次】
第1章 宇宙との調和
第2章 「波動」と現代地球文化
第3章 中性子・陽子・電子の構造と性質
第4章 三つの「意識」と「意志」
第5章 原子核の集合体(EXA PIECO=本質≒魂)のスタディ
第6章 地球文化の未来―時空間移動(テレポーテーション)を経て
第7章 宇宙の法則と波動
第8章 病気の本質
第9章 これからの生き方について―質問に答えて


posted by たまん at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

宮沢りえと読書

宮沢りえさん、気持ちよさそうに読書されてますなぁ。
あんな縁側ほしいなぁ。



本を読んでいる横顔が素敵です。
若いときより美しくなったんじゃないでしょうか。
posted by たまん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中村天風一日一話 元気と勇気がわいてくる哲人の教え366話

手持ちの本がないときにバスに乗らないと
いけない用事ができたときに、バスの中で
読むために買った本。

すでに中村天風の本を読んだことがある人には
おなじみの言葉があちこちにみられるだろう。

そんな人には抵抗なく読めると思う。

読んだことがない人にはちょっと抵抗を
感じるかもしれない。

あるいは消化不良な感じがするかもしれない。

なので、この本とあわせて天風さんの
別の本をあわせて読んでほしい。


中村天風一日一話 元気と勇気がわいてくる哲人の教え366話


人生の深い洞察から生まれた天風哲学のエッセンスを一日一話形式で収録。心が強くなり、運命がひらける、幸せな人生のためのバイブル。

いまだ根強い人気を保ち続ける中村天風とは何者か。

▼ 波乱万丈な人生を送った末、当時死に至る病であった肺結核にかかった青年中村三郎(天風)。これを契機に人生を深く考えるようになり、欧米を遍歴する。その帰路、ヨガの聖者カリアッパ師と運命的な出会いをはたす。師と共にヒマラヤの麓で修行した天風は、ついに病を克服、その過程で得た悟りをもとに「心身統一法」を完成させた。これは、人間の心と身体を大自然の営みに同調させることで強い命をつくり、価値高い人生を生きるための実践哲学である。

▼人生への深い洞察から生まれた天風哲学。その根底にあるのは、人間は本来、誰でも幸福を実現する能力を備えているという揺るぎない信念、そして、そのために常に心を前向きにさせておくという積極思考である。

▼心を強くするにはどうしたらよいか、運命を開くには何をしたらよいか。本書を読めばきっとその答えが見つかり、勇気がわいてくることだろう。

posted by たまん at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

マインドマップ FOR KIDS 勉強が楽しくなるノート術

たまたま本屋で見かけて、思わず購入。

マインドマップの本はすでに何冊か
持っているけど、これは子供向けに
書かれてるので、もしかしたらうちの子も
読んでマインドマップに目覚めてくれたら...
という期待を持って買ってみた。

が、目に付くところに転がしているけど
いまだに読んじゃくれない。

小学4年生には早すぎたかなぁ(^^;


マインドマップ FOR KIDS 勉強が楽しくなるノート術

ベストセラー「ザ・マインドマップ」のキッズ版。
成績と創造性が同時に伸びる魔法の道具・マインドマップの
描き方を、イラストを使って解説。教育界のヒーローである
著者が、小学校高学年から中学生向けに書いたベストセラー本。
中高生や大人でも十分使える実用書。

=目次=
1章 マインドマップってなんだ?
   マインドマップってどんなもの?
   マインドマップはどこがすごい? ほか
2章 マインドマップでできること
   簡単に覚えるコツ
   ノートを取る ほか
3章 マインドマップと学校の勉強
   国語
   歴史 ほか
4章 テストでいい点を取る
   テストは「ゲーム」だ
   丸暗記 ほか
5章 マインドマップで遊びもばっちり!
   パーティの計画を立てる
   部屋を片づけよう! ほか



posted by たまん at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

図解幸せを呼ぶ「そうじ力」 “天使が舞い降りる空間”づくり

先日、待ち合わせの時刻までの暇つぶしで
本屋にいきました。

子供たち用のドリルを買ったときに、
妻がレジカウンターに置かれてたのに
気付いて買った本です。

すでにそうじ力の本は何冊か読んだ後なので、
時々開いて眺められて、そうじしようって
思えればいいなぁ、そんなノリで買ったように
見えます。



図解幸せを呼ぶ「そうじ力」 “天使が舞い降りる空間”づくり

2007年は「そうじ力」で開運! 散らかった部屋にいるだけで、心にイライラ、不満が生まれます。人間関係、仕事、恋愛、金運もよくなる「そうじ力」で、部屋も心もきれいに磨いて、ハッピーな毎日を送りましょう!


posted by たまん at 21:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

超「高速」勉強術 椋木 修三【著】

ボート免許を取るために講習を受けてました。
講習を受けると試験をうけないといけないのですが、
その対策にとおもって前に読んだ本ですが
引っ張り出してきて読み直してみました。

超「高速」勉強術


1章 潜在意識を活用せよ―意志より「暗示」が集中力を高める
2章 「理想的な時間」の実現法―「忙しいけどたっぷり使える一日」の秘密
3章 「頭にすぐ入る」状態をつくる―速度を上げると理解度が下がりがちな人へ
4章 覚える努力を最小にしよう―記憶は努力よりコツで増強する
5章 鍛練なしで速読力を上げる―読む速さは「目のつけどころ」ひとつで急伸する
6章 試験対策をどうするか―「本番力」に不安がある人に
7章 いつも元気の出る頭になるために―「回復力」の強さが勝ち組の条件



posted by たまん at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

三国志(3)吉川英治歴史時代文庫

三国志(3)吉川英治歴史時代文庫 吉川英治(著)

高校生、大学生のころに読んだ
三国志を読み返そうってことで
古本屋さんで吉川英治本を買い
集めているところ。

1,2巻は入手してあったけど
続きがなかなか見つからなかった。

で、今日3巻だけ発見ってわけ。

全部で8巻。道のりは遠い(^^;



黄巾賊の乱より十年、天下の形勢は大いに変っていた。
献帝はあってなきものの如く、群雄のうちにあっては、
曹操が抜きんでた存在となっていた。劉備玄徳は、
関羽、張飛を擁するものの一進一退、小沛の城を守るのみ。
打倒曹操! その声は諸侯の間に満ち、国舅董承を中心に
馬騰、玄徳など七人の謀議はつづく。誰が猫の首に鈴を
つけるのか。――選ばれたのは、当代一の名医吉平。


posted by たまん at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運が開ける3行ハガキ - 大人のポストカード教室

運が開ける3行ハガキ - 大人のポストカード教室 中谷彰宏(著)

ハガキは言葉の旅。まわり道するから思いが届く―手紙より気軽、電話やEメールより個性的。そんなハガキを仕事に恋に活用する、簡単でユニークな50の方法を教えます!「ハガキは3行でいい。短いほうが感動が伝わる」「“言葉のおすそわけ”をしよう」「アイデアをメモして送る」「欠席ハガキで近況報告」など、心を打つひと言から気のきいた使い方まで、中谷流コミュニケーションのヒント満載。

目次
●「3行ハガキ」を出そう 
●「言葉のおすそわけ」をしよう 
●用件のない時にこそ、ハガキを書こう 
●ハガキの真ん中から書こう 
●忙しい時ほど、ハガキを書こう 
●「お勧めハガキ」を書こう
 ほか



posted by たまん at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魂の伴侶―ソウルメイト 傷ついた人生をいやす生まれ変わりの旅

魂の伴侶―ソウルメイト 傷ついた人生をいやす生まれ変わりの旅
ワイス,ブライアン・L.【著】〈Weiss,Brian L.〉・山川 紘矢・山川 亜希子【訳】


前世療法のブライアン・ワイス博士の著書。


時を越えてめぐり会う、ソウルメイトの物語。  時を越えてめぐり会う運命の二人・ソウルメイト。世界的ベストセラー『前世療法』の著者が明かす、輪廻転生にまつわる、希望の物語。  精神科医ワイス博士は、前世の記憶をもつ患者と接するうちに、誰にでも生まれ変わるたびにめぐり会う運命の二人“魂の伴侶(ソウルメイト)”がいることを知る。そして彼は、自分の患者のアメリカ人エリザベスと、メキシコ青年ペドロが、お互いに魂の伴侶であることに気づく。 二人を引き合わせたいという思いと、医師としての守秘義務の狭間で揺れ動くワイス博士。そして治療を終えたペドロの帰国の日が迫っていた……。 本書は、現代医学では説明できない前世と輪廻転生の真実を明らかにし、世界で200万部の大ベストセラーとなった『前世療法』の著者が綴る、愛と感動の物語。 著者は「どのようにして自分のソウルメイトを見つけ、いつ自分の人生を根本から変えてしまう決定をするのかということは、人生で最も感動的で重要な瞬間です」と語っています。恋愛や人生に悩み、傷ついた人たちに、真実の愛の存在を教え、優しく心を癒してくれる希望の書。  





posted by たまん at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

ことわざ絵本

ことわざって知っているようで
実は案外知らないもんですよね。

言葉自体は知っていてもちゃんと
子供に説明できなかったり...

そんなわけで、この本で子供が自分で
楽しく覚えてくれたらいいなぁ、
なんて思って買ったんだけど、子供が
身につけると逆に親が知らないなんて
恥ずかしい事態になりそうな予感。

子供が寝ている間に先回りして
読んでおかないとね。

ことわざ絵本

日本人のくらしの中で、ながい間使われつづけてきた
「ことわざ」を、見聞きの片ページでその意味や使われ方を
紹介した上で、もう片ページで、五味流の現代的解釈による、
新しい「ことわざ」再創造の冴えを見せている。
古くから使われてきたがゆえに、子供にとって馴じみ
にくいことわざを、今の子供のくらしにとけ込ませて
再創造したところが面白い。たとえば、
「船頭多くして船山にのぼる」は、
「主役ばかりじゃ芝居にならぬ」―というように…。
イラストによる表現は、いっそう「ことわざ」のもつ、
意味や意義をきわだたせている。―百聞は一見にしかず―!

目次
・急がばまわれ
・二兎を追うものは一兎をも得ず
・やなぎの下のどじょう
・さるも木から落ちる
・失敗は成功のもと
・隙こそものの上手なれ
・ひとのふりみてわがふりなおせ
・楽あれば苦あり
・出るくいは打たれる
・逃がした魚は大きい
・とらぬ狸の皮算用
・藪をつついて蛇を出す
・暖簾に腕押し
・他(全部で100)

posted by たまん at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

今ここに生きる力―「瞬間的に人生を変容できる」生き方の極意

人生がうまく行かなくて、スピリチャルカウンセリングを受けたり
なんとかセラピーを受けたりする人が結構いる。なんとなくそれって
問題を解決してくれないんじゃないのかなぁと思っていた。この本が
その答えなんじゃないか、そんな気がする。

人に変えてもらおうとしたり、道を示してもらうよりも
自分で力強く生きる術を得られたほうがいいよね。

今ここに生きる力―「瞬間的に人生を変容できる」生き方の極意 (単行本)
エリエール カーン (著), シーヤ カーン (著), Ariel Kane (原著), Shya Kane (原著), 大野 百合子 (翻訳)



人生を変えるには、誰もが苦しい思いをしたり、性格を直さなければいけないと考えがち。しかし本書は、そんな努力は何の役にも立たないと断言する。ではいったいどうすれば?著者夫妻が確立した「インスタント・トランスフォーメーション(瞬間変容)」という方法を通じて、その答えをきわめてシンプルに解説。

目次
序章 「本当の自分」を発見する旅へ
第1章 どうしたら確信が持てるの?
第2章 今、この瞬間を生きよう
第3章 気づき
第4章 過去の埋葬
第5章 インスタント・トランスフォーメーション
第6章 イーダの旅―死を目の前にしたとき
第7章 「今、この瞬間」という贈りもの
第8章 変容のメカニズム
第9章 なぜ幸せになろうとするの?
第10章 W.O.R.M.あなたの心に潜む危険な虫たち


posted by たまん at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義 松岡 正剛 (著)

新聞で紹介されていた本。
30代に結構売れているらしい。

17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義 松岡 正剛 (著)


なぜか日本人は仏教のことも、着物のことも、
三味線のことも知らなくなってしまった。
こういうなかで、私たちは何を感じ、考えればいいのか。
「大人」は読んではいけない、足し算の文明と引き算の文化の講義。

目次

第1講 人間と文化の大事な関係
    「関係」は変化しやすい
    「編集」とは何か ほか)
第2講 物語のしくみ・宗教のしくみ
    物語と言語/語り部の記憶 ほか
第3講 キリスト教の神の謎
    生と死の問題
    イエス・キリストとは何か…謎・その1 ほか
第4講 日本について考えてみよう
    日本らしさとは何か―「コード」と「モード」
    日本の神話に戻ってみる ほか
第5講 ヨーロッパと日本をつなげる
    「異教の知」―ルネサンスの幕開け
    神秘のヘルメス思想 ほか

posted by たまん at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

しゃぼん玉 けしごむ(著)

旅先でたまたま入ったショットバーのオーナーが
本を出しました。

あの日以来そのバーには行っていませんが
時々メールやブログで交流しています。

まだ読んでいませんが、注文はしたので
届いたら早速読む予定。楽しみにしています。


しゃぼん玉 けしごむ(著)

もしひとつの詩が、こころの傷口を縫う針と糸になれたら…。
あなたのこころに詩の贈り物。

目次

ひとつの詩
帰り道
天使たち
満月
夕暮れ
半月
7月7日
聴きたくて
ふでばこ
窓辺
〔ほか〕

posted by たまん at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビギナーズ・クラシックス 竹取物語(全)

小学2年生の娘が学芸会でかぐや姫を
演じた。ぜーんぜん期待してなかったけど
なぜか涙があふれてきた。そんなわけで
ちゃんと読んでみようと思う。

ただいま、到着待ち。

ビギナーズ・クラシックス 竹取物語(全)

5人の求婚者を破滅させ、帝の求婚にも応じないかぐや姫。
だれもが知っている話だが、ロマンティックな空想物語と
誤解されている物語でもある。古典というストレスなしに
冷酷なかぐや姫の全貌を知る本。


目次
竹取のじいさんと、なよ竹のかぐや姫
難題の一・仏の御石の鉢―挑戦者・石作の皇子
難題の二・蓬莱の玉の枝―挑戦者・庫持の皇子
難題の三・火鼠の皮衣 ―挑戦者・右大臣阿部御主人
難題の四・竜の首の珠―挑戦者・大納言大伴御行
難題の五・燕の子安貝―挑戦者・中納言石上麻呂足
かぐや姫の昇天

ラベル:古典 かぐや姫
posted by たまん at 01:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

黄金の相場学 若林栄四

黄金の相場学 若林栄四

目次
序章 大変な時代がやって来る
第1章 長期ドル高円安トレンドへの序曲
    その前段階としての大幅円高
第2章 財政赤字国・日本の未来
第3章 好調アメリカ経済の行方
第4章 ドルの暴落、ユーロに最後の輝きが
第5章 最強のアメリカ復活、日本をインフレが襲う
第6章 激変の時代を絶好のチャンスに変える「黄金の投資戦略」


posted by たまん at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。