「日記」

2009年06月07日

重力ピエロ 伊坂幸太郎(著)

重力ピエロ 伊坂幸太郎(著)



☆重力ピエロ あらすじ


兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。
家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を
抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。
連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティ
アートの出現。そしてそのグラフィティアートと
遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎解きに乗り出した
兄が遂に直面する圧倒的な真実とは―。溢れくる
未知の感動、小説の奇跡が今ここに。


【著者情報】
伊坂幸太郎(イサカコウタロウ)
1971(昭和46)年千葉県生れ。
’95(平成7)年東北大学法学部卒業。
2000年『オーデュボンの祈り』で、新潮ミステリー
倶楽部賞を受賞し、デビュー。’
02年刊行の『ラッシュライフ』が各紙誌で絶賛され、
好評を博す。
’03年に発表した『重力ピエロ』は、
ミステリファン以外の読者からも喝采をもって迎えられ、
一気に読者層を広げた。また『重力ピエロ』で、
七〇年代生れとしては、初の直木賞の候補となる。
’04年『チルドレン』、’05年『グラスホッパー』、
’06年『死神の精度』が直木賞候補に。
’04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で
吉川英治文学新人賞受賞
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


重力ピエロ 伊坂幸太郎(著)




映画「重力ピエロ」photo book

posted by たまん at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

マンガでわかる心理学 ポーポー・ポロダクション(著)

マンガでわかる心理学 ポーポー・ポロダクション(著)


【内容情報】
心理学は、人の行動を観察し、行動の理由や原因を
分析して心の働きを研究する学問です。要は、心を
科学的に研究すること。つまり、自分のことをもっと
よく知り、対人関係で多くの問題を回避するのに欠か
せない学問なのです。本書では、この心理学の歴史
からその種類、そして私たちの身の周りでどのように
使われているかを、マンガでおもしろおかしく解説します。


【目次】
序章 心理学とは?
第1章 自分の知らない本当の自分(深層心理学と性格心理学編)
第2章 人はなぜエレベーターの上を見る?(社会心理学編)
第3章 なぜバーは薄暗いのか?(恋愛心理学編)
第4章 知覚と記憶の不思議(認知心理学編)
第5章 いろいろな心理学(産業、発達、犯罪、色彩心理学など)
第6章 もっと使える心理学(心理学応用編)




posted by たまん at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

ニッポンサバイバル運転術 勝 真太郎 (著)

自分のために、子供たちのために、
道路をより安全な場所にするための
気付きが満載。


ニッポンサバイバル運転術 勝 真太郎 (著)


【内容情報】
道路の上で死なないために。
渋滞や事故の原因はアナタにもある!
人気モータージャーナリストが
日本の道路事情にあわせた運転術、駐車術を指南。
はたまた疑うばかりの道路行政に鋭くメスを入れた
エーイッ、ラリアットものの辛口コラム集。

【目次】
道路で死なないために
無用なトラブルを未然に回避せよ
スマートに走って高速道路を生き残れ
弱肉強食の一般道路を生き残れ
バイクとうまく共存する方法を知れ
それでも“事故る”ときのために備えろ
事故を呼ぶ駐車、事故を避ける駐車
こんな警察では事故を減らせない
これじゃ事故を増やすよ道路行政
未来はアカルイか


posted by たまん at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

堕落論/日本文化私観 坂口安吾(著)

知り合いから紹介してもらった本。

坂口安吾を知らなかったので、そのうち本を
取り寄せて読んでみたい。

堕落論/日本文化私観 坂口安吾(著)


【内容】
1946(昭和21)年4月に発表された「堕落論」によって、
坂口安吾(1906‐1955)は一躍時代の寵児となった。
作家として生き抜く覚悟を決めた日から、安吾は内なる〈自己〉
との壮絶な戦いに明け暮れた。他者などではない。この〈自己〉
こそが一切の基準だ。安吾の視線は、物事の本質にグサリと
突き刺さる。

【目次】
ピエロ伝道者
FARCEに就て
ドストエフスキーとバルザック
意欲的創作文章の形式と方法
枯淡の風格を排す
文章の一形式
茶番に寄せて
文字と速力と文学
文学のふるさと
日本文化私観
青春論
咢堂小論
墜落論
墜落論(続墜落論)
武者ぶるい論
デカダン文学論
インチキ文学ボクメツ雑談
戯作者文学論
余はベンメイす
恋愛論
悪妻論
教祖の文学
不良少年とキリスト
百万人の文学



posted by たまん at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

ウェブ進化論 梅田望夫(著)

クラウド以前のWeb2.0黎明期の本。
ちょっと古くなりつつあるが、現状を
理解するのにはまだまだ価値があると思う。


ウェブ進化論 梅田望夫(著)

■内容
インターネットが登場して10年。いま、IT関連コストの劇的な低下=「チープ革命」と検索技術の革新により、ネット社会が地殻変動を起こし、リアル世界との関係にも大きな変化が生じている。ネット参加者の急増とグーグルが牽引する検索技術の進化は、旧来の権威をつきくずし、「知」の秩序を再編成しつつある。そして、ネット上にたまった富の再分配による全く新しい経済圏も生まれてきている。このウェブ時代をどう生きるか。ブログ、ロングテール、Web2.0などの新現象を読み解きながら、大変化の本質をとらえ、変化に創造的・積極的に対処する知恵を説く、待望の書。

目次
序章  ウェブ社会――本当の大変化はこれから始まる

第1章 「革命」であることの真の意味

第2章  グーグル――知の世界を再編成する
(1) グーグルの実現する民主主義
(2) インターネットの「あちら側」の情報発電所
(3) グーグルの本質は新時代のコンピュータ・メーカー
(4) アドセンス――新しい富の分配メカニズム
(5) グーグルの組織マネジメント
(6) ヤフーとグーグルはどこがちがうのか

第3章 ロングテールとWeb 2.0
(1)「ロングテール現象」とは何か
(2) アマゾン島からアマゾン経済圏へ
(3) Web 2.0・ウェブサービス・API公開

第4章 ブログと総表現社会
(1) ブログとは何か
(2) 総表現社会の三層構造
(3) 玉石混交問題の解決と自動秩序形成
(4) 組織と個とブログ

第5章 オープンソース現象とマス・コラボレーション
(1) オープンソース現象とその限界
(2) ネットで信頼に足る百科事典は作れるか
(3) Wisdom of Crowds

第6章 ウェブ進化は世代交代によって
(1) インターネットの普及がもたらした学習の高速道路と大渋滞
(2)不特定多数無限大への信頼

終章 脱エスタブリッシュメントへの旅立ち


posted by たまん at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

バビロンの大富豪―「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか ジョージ・S. クレイソン (著)

今日は毎年読み返す良書を紹介します。

なぜかいつもお金が足りなくて困っている、
貯金しようと思っているのにたまらない、
お金持ちになりたいけどどうしたらいいのか
わからない、そんな人にお奨め。


バビロンの大富豪―「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか ジョージ・S. クレイソン (著)

今こそ学ぶべき大富豪たちの成功の秘密。人生の指針と勇気を与えてくれる「黄金の知恵」と感動のストーリー。

【目次】
プロローグ
こんなに働いているのに、どうしてお金が貯まらないのだろう―戦車職人バンシアの素朴な疑問
第1話
 財産を築くには不滅の「原則」があった ―富豪の金貸しアルガミシュの忘れ得ぬ言葉
第2話
 富をもたらす黄金の「七つの知恵」とは―大富豪アルカドの価値ある講義
第3話
 「幸運の女神」が微笑む人間とは―大富豪アルカドと受講者たちの白熱の議論
第4話
 金貨の袋か、「知恵の言葉」が刻まれた粘土板か―大富豪アルカドの息子ノマシアの苛酷な試練
第5話
 自ら稼いだ資金の運用は、こうして決める―富豪の金貸しメイソンの忌憚なき忠言
第6話
 「強固な城壁」は、人々を恐怖や不安から守ってくれる―老戦士バンザルの確固たる自信
第7話
 奴隷に成り下がっても、「人間としての誇り」を忘れなかった男―元奴隷、富豪の駱駝商人ダバシアの数奇な体験
第8話
 「バビロンの知恵」は現代にも通用するか―出土した粘土板が伝える貴重な記録
第9話
 幸福―それは「労働の喜び」を知ること―元奴隷、富豪の大商人シャルゥ・ナダの愛ある教え


バビロンの大富豪―「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか ジョージ・S. クレイソン (著)
posted by たまん at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

ぼちぼちいこか!1億円 なにわ1億円倶楽部(著)

お金があったらなぁなんてことは
みーんな考えていることだと思います。

でも、思うだけでなかなかそのための
行動は起こせてなかったりするもんですよね。

そんなぼくらをその気にさせてくれる、
そんな本です。

ぼちぼちいこか!1億円

誰にでも1億円はつくれます。問題はどのようにつくるかです。
この本で「1億円をつくる可能性」を追求してみませんか。

【目次】
第1部 概念編
    潜在意識を使いたおせ
    1億円の使い道を考えてみよう
    自分の決算書をつくってみよう
第2部 増収編
    インターネットビジネスで収入を増やす
    通販ビジネスで収入を増やす
    本を書いて収入を増やす)
第3部 投資編
    株式投資で1億円をつくる
    為替投資で1億円をつくる


posted by たまん at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる エックハルト・トール(著) あさりみちこ(訳)

書評で見つけた本です。

感情に振り回されずにゆったりと
生きて生きたいと思っているので
こういう本が目に付きます。

未読本の山が小さくなってきたら
買おうと思っています。



「いま、この瞬間、ここに在るとき」愛、喜び、平和、すべてはあなたのもの。世界中で注目される万人のためのさとり方Q&A。

【目次】
第1章 思考は「ほんとうの自分」ではありません
第2章 「いまに在る」と、人生の苦しみは消える
第3章 「いまに在る」生き方がさとりのカギ
第4章 思考はいつも「いま」から逃げようとしている
第5章 「いまに在る」ってどんなこと?
第6章 うちなるからだ「インナーボディ」
第7章 「目に見えない世界」の入口
第8章 さとりに目覚めた人間関係をきずこう
第9章 「心の平安」は幸福と不幸を超えたところにある
第10章 「手放すこと」って、どういうこと?

posted by たまん at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

聖なる予言 ジェームズ・レッドフィールド

何年か前に読んだ本なんだけど、
久々に読み返したくなって本棚から
ひっぱりだしてみたよ。

今回もなんだか消化し切れてないんだけど
また読み直して消化していきたいなぁ。

聖なる予言 ジェームズ・レッドフィールド

南米ペルーの森林で、古代文書が発見された。
そこには、人類永遠の神秘、魂の意味に触れた
深遠な九つの知恵が記されているという。
私は、なにかに導かれるように、ペルー行きの
飛行機に飛び乗った。偶然とは思えない
さまざまな出逢いのなかで一つずつ見いだされる
九つの知恵とは。世界的ベストセラーとなった
魂の冒険の書。

【目次】
第1章 変化のきざし
第2章 今という時
第3章 エネルギー
第4章 権力闘争
第5章 神秘体験
第6章 過去の清算
第7章 流れに乗る
第8章 人との新しいかかわり方
第9章 新しい文化


posted by たまん at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

『ありがとう』で願いがかなう不思議な話 野坂礼子

数年前に買って読んだ本なんだけど、
先日妻が書棚から発掘して読んでいたので
この本の存在を思い出しました。

人生いろいろつらいことがありますが、
つらいことがあったときに「ありがとう」と
何度も唱えていると不思議なことに心が
軽くなるんですよね。

そして、そのつらいことのつらいとは
別の面に目を向けられるようになる気がします。

だまされたと思ってお試しあれ〜

『ありがとう』で願いがかなう不思議な話


【目次】
第1章 誰でもみんな魔法使い―笑顔は魔法の押しボタン
第2章 How to『感謝法』―どうやればいいの?『感謝法』
第3章 『感謝法』応用編―誰に、どんなものに『感謝法』を使えばいいの?
第4章 「ありがとう」で願いがかなう―『感謝法』体験談(人間関係編/ビジネス編/健康編/いろいろ編)

【著者情報】
野坂礼子(ノサカレイコ)
1947年生まれ。関西外国語短期大学卒。笑顔教室代表。
心理カウンセラー・NHK文化センターなどの講師。
講演、社員研修、マスコミなどで活躍中。著書に
『笑顔エネルギーが運命を変える』法政出版、
『笑顔セラピー』KKベストセラーズ



YouTubeでKOKIAのPVを見つけました。
いい歌ですね♪(実はKOKIAを知らなかった^^;)

posted by たまん at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

誰も教えてくれない「古物商・質屋」の始め方・儲け方 野沢一馬(著)

友人の知り合いが質屋さんということを
聞いて俄然質屋に興味が出てきました。

そこで、見つけてきた本がこれ。

読む前から質屋を始めたくなっちゃいましたが、
カラダは一つなので多分始めません(^^;


誰も教えてくれない「古物商・質屋」の始め方・儲け方 野沢一馬(著)


【内容】
急成長、1番人気、粗利も大きい、誰でもできる商売の繁盛法を大公開。許可申請と届出&運営ノウハウまでをやさしく解説。
まずは、仕入れ。買取りなど商売の基本をしっかり身につけよう。

【目次】
序章 古物商・リサイクルショップとはどんな商売か
第1章 古物商・リサイクルショップにはどんな種類があるのか
第2章 古物商・リサイクルショップで成功するための商品仕入れノウハウ
第3章 古物商・リサイクルショップで成功するポイントはここだ―成功実例編
第4章 質屋とはどんな商売なのか
第5章 質屋商売で成功するためのノウハウ
第6章 質屋商売の繁盛法とはこれだ―成功実例編
第7章 古物商・リサイクルショップの始め方―許可申請と届け出
第8章 質屋商売の始め方―許可申請と届け出


posted by たまん at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

バストアップの最新知識―ナチュラルなバストを生む豊胸術の進化形「脂肪&幹細胞注入法」北村 義洋 (著)

スポーツクラブで知り合った女性が乳がんで
乳房除去手術をうけたことを知りました。
再建ってどうしているんだろうという疑問から
本を探してみました。


バストアップの最新知識―ナチュラルなバストを生む豊胸術の進化形「脂肪&幹細胞注入法」北村 義洋 (著)

【目次】
第1章 これがバストアップの最新知識―豊胸術の現状を知っておきましょう
第2章 自然なバストを生む「脂肪注入法」豊胸術―最先端の進化を遂げた「幹細胞注入」
第3章 超音波EUA&レーザー脂肪吸引―憧れのプロポーションがあなたのものに
第4章 覚えておきたい「クリニックの選び方」―病院選びはここをチェックしておきましょう
第5章 体験レポート
    「脂肪注入法」豊胸術―豊かなバストを手に入れた女性たちの声
第6章 ドクター北村のバストアップQ&A―あなたの疑問や不安にお答えしましょう



posted by たまん at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

鈴木京香セーターブック―私のニット着こなし術

実は鈴木京香さんのファンなのです。
彼女の本が出てないかなぁと思って探してみたら
セーターに関する本が見つかりました。

鈴木京香セーターブック―私のニット着こなし術

内容
ニットは着るのも編むのも好きで、ひと冬に1枚はセーターを編むという女優、鈴木京香さんのセーターブック。スポーティに、エレガントに、あるいは少女のように…。20種類のセーターの様々な着こなしを紹介する。


posted by たまん at 18:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

赤い楯―ロスチャイルドの謎〈上〉広瀬 隆 (著)

世界の裏側を丁寧に紐解いてくれます。
これを知っておくとニュースの裏側が
見えてきて面白くなりそうな予感。

赤い楯―ロスチャイルドの謎〈上〉広瀬 隆 (著)


ユダヤ人の金融力を結束、世界最大の財閥をつくりあげた
ロンドンの金融上ネイサン・ロスチャイルドとパリの
鉄道王ジェームズ・ロスチャイルドの戦略は世界をどう
変えたか。スリルあふれる執拗な追跡によって解き
明かされる、100年におよぶ歴史の真相を初めて
明らかにするノンフィクション巨篇。

【目次】
序章 ワルトハイムの秘密―白い人名録
第1章 金銀ダイヤの欲望に憑かれた男たち
    ウォール街13日の金曜日
    フランクフルトの『夜と霧』
    シャーロック・ホームズのロンドン
    SOSタイタニック
    パンサーの宝石
    南アフリカのゴールドフィンガー“ミルナー幼稚園”
第2章 地球のトンネル
    発禁書『金瓶梅』
    インディー・ジョーンズ4
    バーミューダ魔の三角海域
    ジェームズ・ボンド『女王陛下の007』
    カリガリ博士とマブゼ博士
    ロスチャイルド家の反撃
第3章 芸術の都パリの下水道
    死刑台のエレベーター
    オリエント急行殺人事件
    恐怖のドレフュス事件
    砂漠の秘密協定


赤い楯―ロスチャイルドの謎〈上〉広瀬 隆 (著)

posted by たまん at 22:40| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

スポンジ・ボブ/スクエアパンツ キャラクターガイドブック デイヴィッド・ルーマン (著), 岡本 千絵子 (翻訳)

スポンジ・ボブ/スクエアパンツ キャラクターガイドブック デイヴィッド・ルーマン (著), 岡本 千絵子 (翻訳)

スポンジ・ボブ/スクエアパンツの水の世界に飛びこんで、
海の中のもっとも愛すべきスポンジを探そう!
ビキニタウンの海底を漂流して、グー・ラグーンの
陽光をたっぷり浴びて、クラゲ畑で騒ぎすぎて―クラゲに
刺されないように気をつけて!テレビシリーズをはじめと
したイラストがいっぱい。




スポンジ・ボブ/スクエアパンツ キャラクターガイドブック デイヴィッド・ルーマン (著), 岡本 千絵子 (翻訳)


posted by たまん at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

ズボラ人間の料理術超入門 奥薗 壽子 (著)

時間術系の本(そのうち紹介します)を読んでいて
その本で紹介されていたのがこの本。

時間術の本を読むのをやめて、早速注文
しちゃいました。

届いてすぐに読み始めたのですが、いいですねぇ。

この方、本当に面倒くさがりやというか、よく言えば
いつも作業効率をどう上げていくかを考えているというか
...。そんな人が挑戦しちゃって失敗することを
すでに経験済みで先回りして読者にこれはやめたほうが
いいといえるところがすばらしいですなぁ。

料理を作る機会があるすべての人にお奨めです。


ズボラ人間の料理術超入門 奥薗 壽子 (著)

「ズボラ料理」でテレビや雑誌で大ブレイク中の著者が、
「基本の料理」をテーマとした料理術を紹介。
ご飯、肉じゃが、えびフライ、カレーライス、ぶり大根など、
びっくりアイデア満載の魔法のレシピ集。

第1の魔法 ご飯をおいしく炊くワザ
第2の魔法 だしを手間なくとるワザ
第3の魔法 定番料理の常識を打ち破るワザ
第4の魔法 2品を手早くムダなく作るワザ
第5の魔法 土鍋をとことん使いこなすワザ
第6の魔法 ホットプレートでラクして作るワザ


posted by たまん at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

茶色の朝 フランク パヴロフ (著), ヴィンセント ギャロ (著), 藤本 一勇 (著), 高橋 哲哉 (著)

この国、だんだん戦争をできる国に
脱皮しようとしてないかなぁ。

感じませんか?

もし、戦争するのは避けたい、そう思うのであれば
一度この本を読んでみてください。

茶色の朝 フランク パヴロフ (著), ヴィンセント ギャロ (著), 藤本 一勇 (著), 高橋 哲哉 (著)

突然「茶色のペット以外は飼ってはいけない」という法律ができたことで起こる変化を描いた反ファシズムの寓話。フランスのベストセラーにオリジナルの絵と解説を加えた日本版。


ラベル:戦争
posted by たまん at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

私物国家―日本の黒幕の系図 広瀬 隆 (著)

この本を読んだのは10年くらい前だろうか。
読んでこの国、日本の将来に希望が持てなくて
暗い気持ちになった記憶があります。

この本のことは忘れていたのですが、
きっこのブログで紹介されていたので思い出しました。

そして、できるだけ多くの人に知ってもらい
この国の構造を変えていくきっかけになればなぁと
思います。


私物国家―日本の黒幕の系図 広瀬 隆 (著)

【内容情報】
日本国民が国家から押しつけられた借金は、
1人400万円、1家族1000万円超!
それを生み出した原因は、歴史的人脈にあった。
不良債権を生み、経済と国家を崩壊させ、
ひたすら私腹を肥やすのは誰か?生ぐさい
事件の数々の裏にひそむ、この国のすさまじい
血脈を追跡し、暗黒事件の高度なメカニズムを
解きあかした初めての記録。

【目次】
序章 誰かが、どこかで、動いている
第1章 日本人がかかえた借金の額と泉井事件の黒幕
第2章 東京信用組合破綻事件とオレンジ共済組合詐欺事件
第3章 大蔵官僚腐敗と不良催権処理
第4章 ゼネコンの悪の系譜が生んだ自治体と厚生省の腐敗
第5章 行財政改革とビッグバンの怪
第6章 日本最大の官僚組織・電力会社と軍需工場・三菱重工



posted by たまん at 11:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

再受験生が教える医学部最短攻略法 2008年版 荒川 英輔 (著)

友人が医学部に行こうかなぁ、なんて言うんで
本を探してみました。

高校生や浪人生ではないおじさんが
受験するのって大変じゃないかと
思いましたが、この本は参考になるかも
しれませんね。

再受験生が教える医学部最短攻略法 2008年版 荒川 英輔 (著)

インターネットのホームページで医学部再受験の方法論を
紹介したものを全面的に改訂、増補し、また医学部に
合格するにはどういう方法論が適しているのかをまとめて紹介。
「医学部・これだけ!最短突破法」「医学部・科目別最短攻略法」
の2部構成。

【目次】
1部 医学部・これだけ!最短突破法
   志望校と目標ラインを設定せよ
   合格体験記、受験テクニック本の読み方
   模試と過去問の利用法
   問題集の最短攻略法
   ほか
2部 医学部・科目別最短攻略法
   英語の最短攻略法
   数学の最短攻略法
   国語・小論文の最短攻略法
   物理の最短攻略法
   ほか



posted by たまん at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

ガンをつくる心 治す心 土橋 重隆 (著)

友人が若くして癌にかかって闘病中です。

本人いたって元気なので、悲壮感とかは
ないんだけど、なんとか力になりたくて
ガン治療の本を探してみました。

心が引き起こす、その言葉に心惹かれました。

ガンをつくる心 治す心 土橋 重隆 (著)


著者は、末期ガン患者の治療を通じてガン発症の原因を追求!
「心が引き起こす乳ガン、肺ガン、大腸ガン」の存在を
明らかにし、予防や治療に欠かせない心の重要性を説く。

【目次】
第1章 先端医療に夢を抱いて
    先端医療の内視鏡的栓塞療法を学ぶ
    西日本で最初の内視鏡的栓塞療法を手がける
    ほか
第2章 現代医療の実態とガン治療の限界
    私の西洋医学観と現代医療の実態
    ガン治療の現状と限界
第3章 「心がつくるガン」が見えてきた!
    代替療法には、西洋医学にない治療効果があることを知る
    ガンを治すまでの効果は、代替療法にはなかった
    ほか
第4章 治癒した人からわかった「ガンを治す心」
    ガンが治った三人の不思議な行動
    ガンが治った人には「奇跡」が起きたのか
    ほか


posted by たまん at 22:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。