「聖なる予言 ジェームズ・レッドフィールド」

2008年02月03日

聖なる予言 ジェームズ・レッドフィールド

何年か前に読んだ本なんだけど、
久々に読み返したくなって本棚から
ひっぱりだしてみたよ。

今回もなんだか消化し切れてないんだけど
また読み直して消化していきたいなぁ。

聖なる予言 ジェームズ・レッドフィールド

南米ペルーの森林で、古代文書が発見された。
そこには、人類永遠の神秘、魂の意味に触れた
深遠な九つの知恵が記されているという。
私は、なにかに導かれるように、ペルー行きの
飛行機に飛び乗った。偶然とは思えない
さまざまな出逢いのなかで一つずつ見いだされる
九つの知恵とは。世界的ベストセラーとなった
魂の冒険の書。

【目次】
第1章 変化のきざし
第2章 今という時
第3章 エネルギー
第4章 権力闘争
第5章 神秘体験
第6章 過去の清算
第7章 流れに乗る
第8章 人との新しいかかわり方
第9章 新しい文化


posted by たまん at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。