「茶色の朝 フランク パヴロフ (著), ヴィンセント ギャロ (著), 藤本 一勇 (著), 高橋 哲哉 (著)」

2007年06月22日

茶色の朝 フランク パヴロフ (著), ヴィンセント ギャロ (著), 藤本 一勇 (著), 高橋 哲哉 (著)

この国、だんだん戦争をできる国に
脱皮しようとしてないかなぁ。

感じませんか?

もし、戦争するのは避けたい、そう思うのであれば
一度この本を読んでみてください。

茶色の朝 フランク パヴロフ (著), ヴィンセント ギャロ (著), 藤本 一勇 (著), 高橋 哲哉 (著)

突然「茶色のペット以外は飼ってはいけない」という法律ができたことで起こる変化を描いた反ファシズムの寓話。フランスのベストセラーにオリジナルの絵と解説を加えた日本版。


ラベル:戦争
posted by たまん at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。