「私物国家―日本の黒幕の系図 広瀬 隆 (著)」

2007年06月14日

私物国家―日本の黒幕の系図 広瀬 隆 (著)

この本を読んだのは10年くらい前だろうか。
読んでこの国、日本の将来に希望が持てなくて
暗い気持ちになった記憶があります。

この本のことは忘れていたのですが、
きっこのブログで紹介されていたので思い出しました。

そして、できるだけ多くの人に知ってもらい
この国の構造を変えていくきっかけになればなぁと
思います。


私物国家―日本の黒幕の系図 広瀬 隆 (著)

【内容情報】
日本国民が国家から押しつけられた借金は、
1人400万円、1家族1000万円超!
それを生み出した原因は、歴史的人脈にあった。
不良債権を生み、経済と国家を崩壊させ、
ひたすら私腹を肥やすのは誰か?生ぐさい
事件の数々の裏にひそむ、この国のすさまじい
血脈を追跡し、暗黒事件の高度なメカニズムを
解きあかした初めての記録。

【目次】
序章 誰かが、どこかで、動いている
第1章 日本人がかかえた借金の額と泉井事件の黒幕
第2章 東京信用組合破綻事件とオレンジ共済組合詐欺事件
第3章 大蔵官僚腐敗と不良催権処理
第4章 ゼネコンの悪の系譜が生んだ自治体と厚生省の腐敗
第5章 行財政改革とビッグバンの怪
第6章 日本最大の官僚組織・電力会社と軍需工場・三菱重工



posted by たまん at 11:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

福沢諭吉を崇拝する考えの危険性
Excerpt:  福沢諭吉は1万円札にも登場し、多くの国民に好意的に受け取られています。  しかし、お札に登場する人物は、国家にとって歓迎すべき言動をした人物、国家が崇拝すべき人物です。   市民の立場からす..
Weblog: 津久井進の弁護士ノート
Tracked: 2007-06-23 11:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。