「ガンをつくる心 治す心 土橋 重隆 (著)」

2007年06月10日

ガンをつくる心 治す心 土橋 重隆 (著)

友人が若くして癌にかかって闘病中です。

本人いたって元気なので、悲壮感とかは
ないんだけど、なんとか力になりたくて
ガン治療の本を探してみました。

心が引き起こす、その言葉に心惹かれました。

ガンをつくる心 治す心 土橋 重隆 (著)


著者は、末期ガン患者の治療を通じてガン発症の原因を追求!
「心が引き起こす乳ガン、肺ガン、大腸ガン」の存在を
明らかにし、予防や治療に欠かせない心の重要性を説く。

【目次】
第1章 先端医療に夢を抱いて
    先端医療の内視鏡的栓塞療法を学ぶ
    西日本で最初の内視鏡的栓塞療法を手がける
    ほか
第2章 現代医療の実態とガン治療の限界
    私の西洋医学観と現代医療の実態
    ガン治療の現状と限界
第3章 「心がつくるガン」が見えてきた!
    代替療法には、西洋医学にない治療効果があることを知る
    ガンを治すまでの効果は、代替療法にはなかった
    ほか
第4章 治癒した人からわかった「ガンを治す心」
    ガンが治った三人の不思議な行動
    ガンが治った人には「奇跡」が起きたのか
    ほか


posted by たまん at 22:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめましてトラックバックありがとうございます。
ご友人が癌に罹っておられて非常にご心配ですね。「げん」がすこしでもお力になれたら幸いです。
いろいろ、がんに関する本がでておりますね。どれが本当かと迷われると思います。その時はメールいただければ幸いです。
Posted by げん at 2007年06月12日 18:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。