2007年06月22日

茶色の朝 フランク パヴロフ (著), ヴィンセント ギャロ (著), 藤本 一勇 (著), 高橋 哲哉 (著)

この国、だんだん戦争をできる国に
脱皮しようとしてないかなぁ。

感じませんか?

もし、戦争するのは避けたい、そう思うのであれば
一度この本を読んでみてください。

茶色の朝 フランク パヴロフ (著), ヴィンセント ギャロ (著), 藤本 一勇 (著), 高橋 哲哉 (著)

突然「茶色のペット以外は飼ってはいけない」という法律ができたことで起こる変化を描いた反ファシズムの寓話。フランスのベストセラーにオリジナルの絵と解説を加えた日本版。


ラベル:戦争
posted by たまん at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

私物国家―日本の黒幕の系図 広瀬 隆 (著)

この本を読んだのは10年くらい前だろうか。
読んでこの国、日本の将来に希望が持てなくて
暗い気持ちになった記憶があります。

この本のことは忘れていたのですが、
きっこのブログで紹介されていたので思い出しました。

そして、できるだけ多くの人に知ってもらい
この国の構造を変えていくきっかけになればなぁと
思います。


私物国家―日本の黒幕の系図 広瀬 隆 (著)

【内容情報】
日本国民が国家から押しつけられた借金は、
1人400万円、1家族1000万円超!
それを生み出した原因は、歴史的人脈にあった。
不良債権を生み、経済と国家を崩壊させ、
ひたすら私腹を肥やすのは誰か?生ぐさい
事件の数々の裏にひそむ、この国のすさまじい
血脈を追跡し、暗黒事件の高度なメカニズムを
解きあかした初めての記録。

【目次】
序章 誰かが、どこかで、動いている
第1章 日本人がかかえた借金の額と泉井事件の黒幕
第2章 東京信用組合破綻事件とオレンジ共済組合詐欺事件
第3章 大蔵官僚腐敗と不良催権処理
第4章 ゼネコンの悪の系譜が生んだ自治体と厚生省の腐敗
第5章 行財政改革とビッグバンの怪
第6章 日本最大の官僚組織・電力会社と軍需工場・三菱重工



posted by たまん at 11:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

再受験生が教える医学部最短攻略法 2008年版 荒川 英輔 (著)

友人が医学部に行こうかなぁ、なんて言うんで
本を探してみました。

高校生や浪人生ではないおじさんが
受験するのって大変じゃないかと
思いましたが、この本は参考になるかも
しれませんね。

再受験生が教える医学部最短攻略法 2008年版 荒川 英輔 (著)

インターネットのホームページで医学部再受験の方法論を
紹介したものを全面的に改訂、増補し、また医学部に
合格するにはどういう方法論が適しているのかをまとめて紹介。
「医学部・これだけ!最短突破法」「医学部・科目別最短攻略法」
の2部構成。

【目次】
1部 医学部・これだけ!最短突破法
   志望校と目標ラインを設定せよ
   合格体験記、受験テクニック本の読み方
   模試と過去問の利用法
   問題集の最短攻略法
   ほか
2部 医学部・科目別最短攻略法
   英語の最短攻略法
   数学の最短攻略法
   国語・小論文の最短攻略法
   物理の最短攻略法
   ほか



posted by たまん at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

ガンをつくる心 治す心 土橋 重隆 (著)

友人が若くして癌にかかって闘病中です。

本人いたって元気なので、悲壮感とかは
ないんだけど、なんとか力になりたくて
ガン治療の本を探してみました。

心が引き起こす、その言葉に心惹かれました。

ガンをつくる心 治す心 土橋 重隆 (著)


著者は、末期ガン患者の治療を通じてガン発症の原因を追求!
「心が引き起こす乳ガン、肺ガン、大腸ガン」の存在を
明らかにし、予防や治療に欠かせない心の重要性を説く。

【目次】
第1章 先端医療に夢を抱いて
    先端医療の内視鏡的栓塞療法を学ぶ
    西日本で最初の内視鏡的栓塞療法を手がける
    ほか
第2章 現代医療の実態とガン治療の限界
    私の西洋医学観と現代医療の実態
    ガン治療の現状と限界
第3章 「心がつくるガン」が見えてきた!
    代替療法には、西洋医学にない治療効果があることを知る
    ガンを治すまでの効果は、代替療法にはなかった
    ほか
第4章 治癒した人からわかった「ガンを治す心」
    ガンが治った三人の不思議な行動
    ガンが治った人には「奇跡」が起きたのか
    ほか


posted by たまん at 22:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

篠原涼子ピンぼけ 篠原涼子(著)

とある理由で篠原涼子さんを調べていました。

そのときに見つけたのがこの本。

彼女が本まで出していたとは知りませんでしたなぁ。

篠原涼子ピンぼけ 篠原涼子(著)

涼子が書き下ろしたオリジナルの詞とエッセイ、自らカメラマンになって撮り下ろしたセルフ・ポートレートなど、テレビでは観られない素顔の涼子が満載。

【目次】
わたしの“ピンぼけ”ストーリー
初公開 涼子の秘蔵写真館
作詞家・篠原涼子のHERT&SOUL―書き下ろし未発表作品10編
涼子の育った街KIRYU CITY GUIDE
突撃!?涼子の楽屋
あなたと、いつも涼子のお涙シネマBEST10
〔ほか〕


ラベル:篠原涼子
posted by たまん at 17:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

ガケっぷち―くまきりあさ美写真集 小塚 毅之 (著)

最近、くまきりあさ美さんの存在をしりました。
すみません、世情に疎くて(^^;

うわさに聞くと、人気が出てきているんだとか?

それで、くまきりあさ美さんの本を探してみました。

写真集が見つかりました。
本といっていいのか...読むものなのか...
微妙ですね(^^;

ガケっぷち―くまきりあさ美写真集 小塚 毅之 (著)

アイドルとしてはもはやガケっぷち、
いわゆる「ガケっぷちアイドル」として
お茶の間の話題を集める、くまきりあさ美。
そんな彼女が、ついにガケから飛びおりる
ぐらいの決意をした!これまでみせたことの
ないような超セクシーショットに挑戦した
今回の写真集。妖艶にうごめく素肌は一見の
価値あり。「あんな面白い女の子なのに、
こんなにスタイルいいんだ」とむしろ
みんな驚いてしまうかも!?

ガケっぷち―くまきりあさ美写真集 小塚 毅之 (著)
posted by たまん at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

住みよい家の間取りプラン―自分で間取りを考える本 プロから学ぶ基本プランの考え方と最新実例図面106 「家づくりの会」 (著)

住みよい家の間取りプラン―自分で間取りを考える本 プロから学ぶ基本プランの考え方と最新実例図面106 「家づくりの会」 (著)

様々な条件や制限を満たしながら、自分らしい
スタイルで生活できる家の間取りとは? 実例を
多数紹介しながら、実際に間取りプランをたてる
時に必要な条件、基礎知識、部屋別のつくり方の
ヒントを解説する。

【目次】
上手な間取りの家実例集
間取りプランの前提条件
住みよい間取りの基礎知識
部屋別・上手な間取りのつくり方
住みよい家の間取りプラン最新実例106
  厳しい土地条件
  二世帯住宅
  3階建て住宅
  省エネルギー住宅
  個性ある楽しい家

住みよい家の間取りプラン―自分で間取りを考える本 プロから学ぶ基本プランの考え方と最新実例図面106 「家づくりの会」 (著)
posted by たまん at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

YouTubeはなぜ成功したのか 室田 泰弘 (著)

YouTubeすごいですよね。
見たい映像はとりあえず、YouTubeに行って探しますもの。

そうそう、友人が「楽Tube」なるサービスを始めました。
動画上に楽天アフィリエイトを貼り付けることができます。
画像見ている間ずっとアフィリエイトリンクが目に入ることに
なります。
ということは、クリックされる可能性も高いってことですね。

脱線しちゃいました。

YouTubeはなぜ成功したのか、興味ある方は
よかったら買って読んでみてくださいね。

YouTubeはなぜ成功したのか 室田 泰弘 (著)

天使?悪魔?「ユーチューブ」とは一体何者なのか?
起業にいたるプロセスを克明に描写。そのビジネスモデルと
強みの源泉を大公開。なぜ世界中のハートをわしづかみ
にしてやまないのか、その魅力の核心に迫る。
エンターテインメント業界、放送業界、広告業界との
関係とその未来像が理解できる。ユーチューブの経営原理を
通じて、日本経済から世界経済の流れまで、いもづる式に
腑に落ちる。ウェブ2.0時代の技術特性とビジネスとの
関係が明らかになる。

【目次】
序章 だれも教えてくれなかったユーチューブの素顔―なぜこのサイトがすごいのか?
第1章 ユーチューブ誕生の秘密―「燃える三人組」はどのようにしてできたか
第2章 短いのにはわけがある―想像力を刺激するデジタル芸術の宇宙第3章 テレビ局消滅?―その「儲けの仕組み」は危機にさらされる/第4章 ユーチューブは本当に「悪者」なのか?―著作権問題が雌雄を決する
第5章 ユーチューブは「社会革命」の旗手である―無限のカルチャーが乱れ咲く大地
第6章 世界の変化はユーチューブに凝縮されている―文明の再逆転?
第7章 新時代の主役はだれなのか?―ウェブ2.0時代を読み解く新テクノロジー論
第8章 ユーチューブに透けて見える未来地図―ところで、日本はどうなる?
補論 ユーチューブの近況と課題

YouTubeはなぜ成功したのか 室田 泰弘 (著)
ラベル:YouTube 成功 動画
posted by たまん at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。