2007年04月17日

未来からの警告 ジュセリーノ予言集1 マリオ・エンジオ(著) 山川栄一(訳)

未来からの警告 ジュセリーノ予言集1 マリオ・エンジオ(著) 山川栄一(訳)

ブラジルに的中率90%の予言者出現!
近未来の人類存亡の危機を警告する。


第1部 現代の予言が世に問われるとき
  マスコミの中の予言戦士
  予言資料を目の前にして
  各国政府関係者の対応)
第2部 予知事件の証拠資料(一九七〇年〜二〇四八年)
  有名な幼児誘拐事件(一九七〇年予知→一九七三年発生)
  ジョエールマ・ビルの火災(一九七二年三月予知→一九七四年二月発生)
  スペース・シャトル・チャレンジャーの墜落事故、ほか(一九七二年予知→一九七四年〜二〇〇三年発生) ほか)
第3部 未来世界と予言者の役割
  予言者への目覚め
  夢の生理学的分析と可能性
  衝撃的な予言の全貌 ほか)


posted by たまん at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

こんな本棚がほしい

本を読み始めると、どんどん本が増えて困りますよね。

うちもついに棚からあふれ始めちゃいました(T_T)

それで本棚を探し始めたんですが、
こんなのいいですよね。

スライド式の奴。



文庫本からB3特大本まで、本のサイズを選ばず大収納。
満杯になればなるほど指一本で軽く静かにスライド!

posted by たまん at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

あなたの夢はなんですか?―私の夢は大人になるまで生きることです。 池間 哲郎 (著)

池間さんの講演録を読む機会があった。

子供たちの夢が「大人になるまで生きること」
泣けませんか?

日本に生きる僕らは大人になることが当然の
ことのように育ってきたよね。

この恵まれた環境に生きる僕らはそれをしっかりと
受け止め、しっかりと生きていきたいなぁ。

そして、少しだけでも彼ら、彼女らに手を差し伸べて
あげたい...


あなたの夢はなんですか?―私の夢は大人になるまで生きることです。 池間 哲郎 (著)

沖縄を拠点に、アジアの貧困地域に暮らす子どもたちの
支援活動を命がけで続けている著者が物質的な豊かさの中で、
「本当に大切なもの」を見失ってしまった日本の
子どもたち・親たちへ真摯に訴えるメッセージ。

【目次】
第1章 ゴミの山で一生懸命に生きる子どもたち―フィリピン
第2章 親のために売られていく娘たち―タイ
第3章 スラム街に学校をつくる―カンボジア
第4章 僕たちはマンホールの中で生きている―モンゴル
第5章 生きることはすばらしいこと
第6章 夢の橋をかける


posted by たまん at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

さようなら!「あがり症」―10人から100人の前でラクに話せる 麻生 けんたろう (著)

さようなら!「あがり症」―10人から100人の前でラクに話せる 麻生 けんたろう (著)

「あがり症」は、たった二つのことを実践するだけで
誰でも必ず克服できます。自分の「思考」を変えることと、
事前に「準備」すること。本書では、その具体的な方法に
ついてすべて書きました。会社の朝礼や面接など、
「10人程度の前で話す」ケースから、結婚式のスピーチや
講演など、「100人規模の前で話す」ケースまであがらずに
話すためのノウハウが満載。


posted by たまん at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人と中国人―なぜ、あの国とまともに付き合えないのか イザヤ・ベンダサン (著), 山本 七平 (著)

日本人と中国人―なぜ、あの国とまともに付き合えないのか イザヤ・ベンダサン (著), 山本 七平 (著)

日中関係がうまくいかないのは、 今に始まったことではなかった。
その原因は、どこにあるのか?
幻の名著、初の単行本化
日中国交回復に国を挙げて沸きかえった三〇年前、その陰で
一片の声明によって反古(ほご)にされた、台湾との
日華平和条約。「感情が条約に優先する」この国の風潮に
対する疑問と憤りに駆られた著者がものした連載原稿を始めて
単行本化。
今に限らず、古くから常にぎくしゃくしてきた日中関係について、
日本側の問題点を、足利義満、秀吉、竹内式部(たけうちしきぶ)、
新井白石、平田篤胤(ひらたあつたね)、西郷隆盛らを通して、
歴史的に考察する。



posted by たまん at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。